鬼の石丸

藤岡市 鬼石商工会

トップページ ≫ イベント紹介

鬼石夏祭り

鬼石夏祭り

まりは
鬼石夏祭りの始まりは、江戸時代の後期。当時は、鬼石祇園祭りの名称で、花車と言われる万灯型の笠鉾3台が、そろって鬼石神社に登上したそうです。文政7年の棟札が鬼石神社に残されています。
明治18年以降、人形が飾られる形の組み立て式の山車が引き出されるようになり、昭和になると屋根つきの屋台が作られ、昭和45年に相生町が屋根つきを新造して5台となり、現在の姿になりました。
昭和50年に祇園祭の名称が、宗教色があるとの理由で鬼石夏祭りに変更されました。

催時期は
かつては、7月14日、15日に行われておりましたが、数年間の論争の末、多くの人が参加できるよう、平成11年より7月14日15日に近い土日に開かれるようになりました。

鬼石夏祭り

どころは
5台の山車によるお囃子は、関東一と言われています。また、勇壮な新田坂の駆け上がりは、大阪・岸和田の山車になぞらえ「東のだんじり」とも呼ばれています。
地区ごとに独自の調子を持つお囃子と、山車の屋根に若者が上がり高速で引き回す勇壮な姿には大きな拍手が寄せられます。また、2日目の本祭りの夜には、おまつり広場で笛や太鼓の技とお囃子の音色を争う「寄り合い」が行われます。
「寄り合い」では、各町内で受け継がれてきた独自のお囃子の打ち回しの後、5町内一斉の乱れ打ちが行われ、祭りが最高潮を迎えます。
おまつり広場には、「寄り合い」を近くで観覧できるよう桟敷席が設置され、藤岡市内外からの来場者に利用されております。

敷席
平成22年度の群馬プレデスティネーション・キャンペ-ンの「おもてなし」の一環として、これまで立ち見であった鬼石夏祭りを、じっくり腰を落として楽しめるようにメイン会場となるおまつり広場に設置しました。

利用料金等 桝席 S席(大人4人用)24席 15,000円/枡
桝席 A席(大人4人用)10席 12,000円/枡
椅子席 80席 予約席 2,000円・当日席2,500円
立見席 30人程度 当日席のみ

桜山ライトアップ

コンセプト

県立桜山森林公園には、全国的に珍しい冬桜が7,000本あり、11月から12月にかけて、一斉に花をつけます。また、日本庭園周辺のモミジやケヤキなどの木々は秋になると色とりどりに紅葉し、冬桜と見事なコラボレーションを織り成します。
日本庭園は1,500tもの三波石を組み合わせた本格的な池泉回遊式庭園で、池周辺に東屋、石塔を配し、趣のある庭園となっています。庭園と鮮やかな紅葉の華やかさは、見事な美しさとなっています。
桜山森林公園の新たな魅力を創出するため、夜間のライトアップを実施し、当公園の強力な観光スポットとして集客力の高い観光地を目指します。

開園期間
毎年11月初旬から12月上旬
見頃 紅葉・・・11月初旬から11月下旬
冬桜・・・11月中旬から12月中旬
開園時間
16時00分から21時00分
開園場所
桜山森林公園 第一の広場(日本庭園から展望台付近)

鬼恋節分祭

鬼恋節分祭

コンセプト

鬼石の地名にちなみ、節分で追い出された鬼を全国から呼び入れる。
「鬼は内~福は内~」と声を上げる。全国でも珍しいイベント。
ふるさと鬼石にふさわしいイベントで、テレビでも取り上げられました。

開催日
毎年、節分にあわせ開催。
イベント内容
年の幸運を呼び込む「鬼呼び豆まき」(福は内~鬼は内~)
年の無病息災を願って「鬼のとっちゃなげ汁」「甘酒」
鬼とじゃんけんをして負けると景品がもらえる「鬼とじゃんけん大会」

鬼石伝説

鬼恋節分祭

昔々、御荷鉾山に鬼が住んでおり、時々人里にやってきてはいたずらをして、村人を困らせていた。村人たちは、鬼を退治する方法はないかと思案していると、そんな時、諸国を行脚していた弘法大師が通り掛り、その鬼を成敗したという言い伝えがあります。


年間行事

4月 桜山:桜の小道・山つつじ・三葉つつじ
三波川・・・4/29不動尊まつり
5月 桜山:5,000株のつつじ
八塩:ポピー(中旬~下旬)、弁天つつじ
神流湖へら鮒釣大会 最良の釣り場として愛されている神流湖でへら鮒釣りを楽しんでください。
6月 御荷鉾山:ニッコウキスゲ(中旬~)
八塩:あじさい(中旬~)
三波川金丸:ほたる(中旬)
小平公園:ほたる(中旬)
7月 御荷鉾山:ニッコウキスゲ(上旬まで)
八塩:あじさい(上旬まで)
鬼石夏祭り(中旬) 奥多野に本格的な夏の到来を告げる夏祭りは勇壮な屋台囃子と屋台巡業で知られ、関東一の夏祭りと言われている
8月 小平公園:川遊び・バーベキュー
浄法寺:納涼盆踊り大会
9月 桜山:りんご園
鬼石宿お月見フェスタ(中旬) フリーマーケット、お月見ライブ、フードコーナーなどの楽しい企画がいっぱい。すすきのアレンジメントや各商店の店先にお月見セットが飾られた街をお散歩しませんか
見て触れて体験できる三波石峡ハイキング “三波石峡”をテーマにしたイベント。三波石を使ったミニチュア庭園作り教室、そば打ち体験または陶芸体験などを楽しんでいただけます。また、お昼は美味しい手打ちそばを食べていただき、その後は地元ガイドの案内で三波石峡をハイキングします。三波石の巨岩や奇岩が眺められます。まさに鬼石ならではの体験です。自然に触れてみませんか?
10月 桜山:冬桜開花、ハイキング
桜山山開き(中旬) 冬桜が咲き始める事をPRする為、冬桜開花のお祝いをします
三波石キャンペ-ン ららん藤岡で開催鬼石地区は、三波石を明治初期より採石し名実共に全国一の名産地です。この三波石の普及、振興のためのキャンペーン
11月 桜山:冬桜・サザンカ・紅葉
みかん園:みかん狩り
神流湖:わかさぎ釣り(上旬~)
桜山公園ライトアップ
(初旬~)
第1の広場日本庭園にて16時から21時までライトアップを実施しております。幻想的な紅葉と冬桜をお楽しみください。
文化発表会 鬼石地区住民参加の文化発表会。写真、絵画、書道などの展示、芸能発表会などを開催
冬桜モデル撮影会(中旬) 冬桜の咲く桜山公園を舞台にしたモデル撮影会。フォトコンテストも開催しますので奮ってご応募ください
八塩温泉とっちゃなげハイク
(中旬)
支所から桜山公園までハイキングをし、冬桜のお花見と名物とっちゃなげ汁を楽しんでいただいたあと、さらに八塩までハイキング。名湯八塩温泉で汗を流していただき、疲れもストレスも一気にリフレッシュ!
鬼石宿おさんぽフェスタ
(下旬)
おもてなし街道を散歩しながらスタンプラリー。手作りマーケットや空き地市などイベントいっぱい
12月 桜山:冬桜
神流湖:わかさぎ釣り
桜山まつり(12/1) 冬桜が満開を迎える時期に地元のお祭りとして開催されます。さまざまなアトラクションも行われます
桜山公園ライトアップ
(~上旬まで)
第1の広場日本庭園にて16時から21時までライトアップを実施しております。幻想的な紅葉と冬桜をお楽しみください
1月 桜山:御来光・ロウ梅・サザンカ
神流湖:わかさぎ釣り
2月 桜山:福寿草
鬼恋節分祭 「福は内、鬼は内」全国の追い出された鬼さんいらっしゃい!鬼呼び豆まき、とっちゃなげ汁の振る舞いなど、鬼のふるさとにふさわしいイベントです
3月 桜山:ツバキ
八塩あじさいの里
バードウォッチング
自然豊なあじさいの里から神流川周辺を珍しい野鳥(カワセミ・ルリビタキなど)を探しながら、野鳥の会の会員と一緒に歩いて探鳥します。お昼には名物とっちゃなげ汁をいただき、おなかも大満足
ひな市
鬼石宿おさんぽフェスタ
町に春を告げるひな市は古い伝統を誇り、植木、生活用品、露天商などが集まり、地域の人々の楽しみのイベント
藤岡市鬼石商工会 TEL:0274-52-2062 FAX:0274-52-6024

▲ページの先頭に移動